プログラミング

Ruby独学をゼロから始める手順とは?独学を始める3つのステップ

この記事では「Ruby独学の学習方法から転職までの道のり」について紹介していきます。

プログラミング初心者によくある質問

  • 独学までの手順とかかる時間は?
  • とりあえずProgateで学習したけど次何するの?
  • Ruby独学で転職成功できるの?

こんな疑問を、全てこの記事で解決していきます。

プログラミング学習について知らない人でも全く問題ありません。順番に読んでいけば、Ruby独学から転職までの手順を迷わず進めることができます。

3分ほどでサクッと読めますので、最後までお付き合いください。

Ruby独学がプログラミング初心者がオススメの理由

プログラミング言語はRubyの他にも多く存在しますが、その中でもRubyは初心者に優しいプログラミング言語と言われています。

  • コードが簡潔で分かりやすい
  • Webアプリ開発が作りやすい
  • 知りたい情報が多く存在している

具体的な特徴として、上記のようなことが挙げられます。

コードが簡潔でWebアプリ開発をしやすく、未経験からでも学習しやすい言語になります。またRubyエンジニアの求人数は他の言語よりも多く、転職面を考えてもおすすめのプログラミング言語です。

Ruby言語はプログラミング学習を始める人が多く、Wed記事や初心者向けの本も数多く存在しています。初心者が知りたい情報は、ほとんど検索すれば答えが見つかるので挫折する可能性を抑えて学習を進められます。

Ruby独学での勉強方法

オンライン教材や書籍を利用することで、プログラミング学習を簡単に始めれます。

学習の方法はいくつかありますが、実際に私が行っていた学習方法を紹介していきます。

  1. Progateで学習を始めてみる
  2. Railsチュートリアルで本格的に学習する
  3. オリジナルのWedアプリケーションを制作する

簡単にまとめると、上記のような流れで学習を進めていきます。

【ステップ1】 Progateで学習を始めてみる

Progateはオンライン教材でプログラミング学習できるサービス。様々なプログラミング言語や開発に必要なスキルを学ぶことができます。

Progateには多くのコースありますが、Ruby独学するのであれば全て学習するのではなく、コースを絞って学習する方が効率が良いです。

またサービスの一部は無料で利用できるので、一度試して「もっと学習したい」と感じたら有料版に変更しましょう。有料版は買い切りタイプではなく、月額1,078円(税込)の支払いになるのでご注意を。

それでは、学習しておくべきコースに順番に見ていきましょう。

Ruby独学なら、まずは3つのコース

初めの段階は、下記の順番で学習を進めていきましょう。

  1. 「HTML&CSS」:Webページの見た目を作るマークアップ言語
  2. 「Ruby」:初心者でも開発しやすいプログラミング言語
  3. 「Ruby on Rails5」:Rubyの開発をより簡単にできるフレームワーク

Progateでプログラミング学習を始める際に、気をつけて欲しいことがあります。

「1周目で全て覚えようとしない」ということが重要です。

一度で全てを覚えようとすると時間がかかる上に、内容が理解しづらいです。

1周目で「とりあえず完走してみる」2〜3周目で「全体の内容を知った上で、内容を理解していく」といった感じで繰り返して学習していきましょう。

本格的に開発する上で必要なコース

Rubyの独学が進んできたら、下記の5つのコースも合わせて学習しておきましょう。

  • 「Command Line」:コマンドを用いてコンピューターを操作する技術
  • 「Git」:複数人で開発を行うことを可能にするツール
  • 「SQL」:データの操作や削除などを行うデータベース言語
  • 「javaScript」:Wedページにて複雑な機能を可能にするプログラミング言語
  • 「jQuery」:Wedページにアニメーションを実装できるjavaScriptライブラリ

複雑なWebアプリ開発や作業をスムーズに行えるようになります。

とりあえずWebアプリ開発をやってみたい方は、5つコースは一旦飛ばしても大丈夫です。

個人的には先に学習しておくと開発が楽になると思います。実践的な開発をしないまま2〜3周してもどこで使うのか理解しづらいので、まずは1周だけ学習しておきましょう。

【ステップ2】 Railsチュートリアルで本格的に学習する

Railsチュートリアルでは、本格的にWeb開発を行いインターネット上で公開するところまで学べます。

中級者向けの教材になるので、 Progateの基礎学習を飛ばしてしまうと難しく挫折する可能性は高いです。

選べる学習スタイルと料金

Railsチュートリアルでは、無料で学習できるものから有料で色々なサービスを利用できるプランまで、学習のやり方はいくつかあります。

  • 第4版(古いバージョン)のテキスト形式で学ぶ・全ての章が無料
  • 第6番(最新バージョン)のテキスト形式で学ぶ・買い切り型で1,078円(税込)
  • 第6番(最新バージョン)のテキストと解説動画で学ぶ・買い切り型で32,780円(税込)

無料であっても最後まで学習できますが、古いバージョンのためオススメはできません。また、テキスト形式だけでは内容が把握がかなり難しく、時間がかかる上に挫折しやすいです。

本格的に学びたいと考えているのであれば、テキストと解説動画で学ぶプランが良いと思います。3万以上と料金が高いと感じると思いますが、学習をスムーズするための必要な出費です。

コミュニティーや現役エンジニアに質問できるプランもあるので、詳しくは公式のページをご確認ください。

Railsチュートリアルでの学習の進め方

ここでは、効率よくRailsチュートリアルを学習するやり方を紹介していきます。

Railsチュートリアルの内容を理解して、自分のスキルと身につけるまでには3周する必要があると考えています。ただ3周するのではなく次の流れで学習を進めることを意識してください。

  • 1周目:1〜8章まで実装せず、サラッと見るだけ
  • 2周目:1〜14章まで全てを理解しようとせず、スピード重視で実装する
  • 3周目:1〜14章までを理解を深めながら実装する

1周目に関しては、実装はせず「読むことだけ」に専念してください。細かい内容は全て無視して、これからどんな実装するか全体像を把握することを目的になります。9章以降は、難易度が一気に上がるので一旦置いておきましょう。

2周目は完走することを目的に、この段階では理解度は40%ほどで大丈夫です。この時点で理解しようとするのは難しいので、難しいことは無視して進めましょう。

3周目では、疑問に感じたことや専門用語について調べながら実装していきます。理解を深めるためにも、学んだことをアウトプットをしていくことも重要

アウトプット方法として「Twitter」「Qiita」で学んだことを文章して発信していくことがオススメです。Qiitaでは同じRailsチュートリアルを学んでいる内容や分からない部分の説明など記事が多く存在しているので、ぜひ利用してみてください。

【ステップ3】オリジナルのWedアプリケーションを制作する

最後の段階として、オリジナルのWedアプリ開発を行いましょう。

オリジナルのWedアプリ開発は自分のスキルを証明するためのポートフォリオになり、エンジニア転職する上で役に立ってくれます。

しかしRailsチュートリアルが終わると「オリジナルのWedアプリ開発ってどう作るの?」という状況になってしまいます。

具体的な流れとしては次のやり方を紹介していきます。

  1. 転職活動をしているポートフォリオを参考にする
  2. 実際に作ってみる
  3. 現役エンジニアの方に見てもらう

それでは順番に見ていきましょう。

転職活動をしているポートフォリオを参考にする

転職活動を行なっている方であれば、インターネット上にポートフォリオを公開している場合がほとんど。検索したり、Twitterで探したりして他の人のポートフォリオを見ましょう。

転職活動をしている方のポートフォリオを見ることで、Railsチュートリアル以外に実装している機能(gem)を知れたり、Wedアプリのアイディアを生み出しやすくなります。

いくつかのポートフォリオを参考にして、誰に向けたアプリかどんな機能を実装するか考えていきましょう。

実際に作ってみる

簡単なWedアプリでも良いので、実際にオリジナルのWed開発を行ってください。

今まで学習の教材があったのに対して、自分で計画して行う必要があるので難易度も高くなります。自分で作成するため多くのエラーが出ますが、Q&Aサイトを利用して解決しましょう。

大事になるポイントとして、作る前に「実装する機能や順番、必要なカラム名を決めておく」ということです。

何も考えず作ると、後からの修正にかなり時間をかけることになります。

手を動かすことも大事ですが、しっかり準備してから開発していきましょう。

現役エンジニアの方に見てもらう

実際に作ったポートフォリオは、現役エンジニアの方に見てもらいましょう。

「独学だから、現役エンジニアに聞けないのでは?」と考えるかも知れませんが、オンラインサロンやTwitterなどを利用することで現役エンジニアや経験者の方からフィードバックを貰えます。

現役エンジニアの方からフィードバックを元に修正や追加実装を行うことで、転職活動でより評価されやすくなります。

Ruby独学にかかる勉強時間

Ruby独学にかかる時間は人それぞれですが、転職活動するレベルまでにかかる時間は大体1000時間ほど。

学習時間を確保できる量で、独学期間に大きく差が出てきます。

  • 毎日プログラミング学習できる場合
  • 仕事をしながらプログラミング学習する場合

それでは、上記の学習環境ごとに詳しく解説していきます。

毎日プログラミング学習できる場合

時間の余裕がある場合であれば、独学期間は4ヶ月ほど必要になります。

「1ヶ月あたり250時間・1日あたり10時間の学習」を目安にして学習していきましょう。

各ステップの勉強にかかる時間を次の通りです。

  1. Progateの学習期間:1ヶ月(目安250〜300h)
  2. Railsチュートリアルの学習期間:2ヶ月(目安400〜500h)
  3. オリジナルのWedアプリケーション制作期間:1ヶ月(目安250〜300h)

上記のスケジュールは毎日10時間ほど学習するため、かなりハードになりますが短期集中の方がモチベーション維持できます。

仕事をしながらプログラミング学習する場合

仕事をしながらの場合は、平日の仕事帰りや休日を利用してプログラミング学習を行います。

週30時間の学習が確保できるのであれば、8ヶ月ほどの学習期間を目安にしてください。

働きながら週30時間の学習が確保するには、平日の仕事終わりや休日を使って学習する必要が出てきます。長期間の学習になるためモチベーション維持はかなり難しいと言えます。

正直働きながらの独学はオススメできませんが、実際に行う際には「週にどれくらい学習する時間を作れるか」「1000時間を逆算して何ヶ月かかるか」しっかり計画を立てて学習していきましょう。

プログラミング独学は挫折しやすい

独学のプログラミング学習では下記ような問題を解決しにくいため、途中で挫折する可能性は非常に高いです。

  • エラー対処が分からない
  • 長期間の学習のためモチベーション維持が難しい
  • 転職活動での必要な準備が分からない

解決策として、経験者か現役のエンジニアに聞くことです。独学といってもインターネットで調べるだけでは、限界が出てきてしまいます。

具体的な対策としては次の内容を参考にしてください。

  • TwitterなどのSNSで、転職活動中の方や現役エンジニアの方とつながる
  • 身近にプログラミング詳しい方がいれば質問してみる
  • Q&Aサイトで分からないことを質問する
  • メンターを探せるサービスを利用する(MENTAなど)
  • オンラインサロンに入って質問する(サービスによってはポートフォリオの閲覧もできる)

分からないことは経験者に聞くことによって、すぐに解決できる内容は多いです。

プログラミング学習を継続するために「困った時に質問できる人がいる」ということはとても重要になります。

Ruby独学から転職するために必要なこと

Ruby独学の学習が終了したら、転職活動の準備を行いましょう。

  • 転職サイト・転職エージェントを利用する
  • 業界についての知識を知っておくこと

上記の2つについては必ず押さえてほしいポイントになります。

それでは、順番に見ていきましょう。

転職サイト・転職エージェントを利用する

転職エージェントでは履歴書や職務経歴書の添削、模擬面接を行なってくれるので、必ず利用してください。またキャリアプランの相談にも乗ってくれるので、自分に合った企業選びができるようになります。

選ぶポイントとして、IT関連に特化した転職サイトや転職エージェントを登録しましょう。

Ruby独学から転職は「wantedly」「dode」「grenn」がおすすめ。20代の方であれば「Re就活」も活用していきましょう。

まずは自分が気になるサービスを複数登録して、3〜5個に絞ってやり方で大丈夫です。

個人的には「wantedly」が本当に使えるサービスなので、騙されたと思ってぜひ利用してみてください。

業界についての知識を知っておくこと

エンジニアといっても、開発の形態から種類まで様々あります。

ただ漠然と「エンジニアになりたいです」と言っても内定もらうことは不可能です。業界の種類や働き方を知った上で、企業を選んでいきましょう。

簡単に業界の種類について紹介していきます。

  • 自社開発企業:自社内で企画や開発、販売、運営まで全て行う
  • 受託開発企業:クライアントから依頼を受け、システム開発を請け負う
  • SES企業:エンジニアをプロジェクト毎に派遣する企業

次にエンジニアの種類についてですが、「システムエンジニア・インフラエンジニア・Wedエンジニア」など数十種類の働き方があります。全て知っておく必要はないですが、企業がどのようなエンジニアを募集しているか理解して応募していきましょう。

詳しくは転職エージェントと相談して自分に合った働き方を選んでいきましょう

まとめ

Ruby独学では転職までにおよそ1000時間ほど必要になるので、学習をやりきるのは簡単でありません。しかし確実に手順を踏んで学習すれば、挫折する可能性を減らし学習期間を短くすることできます。

本格的にRuby独学を始める際は、学習期間がどれくらいかかるかを意識して簡単に計画を立てておきましょう。