未分類

プログラミングスクールの失敗しない選び方とは?重要な5つのポイント

プログラミング学習をする上で、自分にあったスクールを選ぶことが重要になってきます。正しい選び方をしないとエンジニアになれず、時間やお金を無駄にすることになりますよ。

「プログラミングスクールの受講を考えているけど、何を基準にスクール選びするか分からない」

カワウソくん
カワウソくん
スクールの数も多くて、どこのスクールが自分に合っているか判断しづらいですよね。

今回は「プログラミングスクールの種類や正しい選び方」について紹介していきます。

具体的には、次の順番で徹底的に詳しく解説していきます。

  1. 自分の目的は何か?
  2. プログラミングスクールの種類
  3. プログラミングスクール選びの5つのポイント
  4. 判断材料にならない情報
  5. 受講前にやるべき2つのこと

自分に合ったスクール選びができれば、お金を抑えて効率よくプログラミング学習を進めれるようになりますよ。

プログラミングスクールに通う前に自分の目的を明確にする

どこのスクール行くか考える前に、プログラミング学習する目的を決めておく必要がありますよ。

カワウソくん
カワウソくん
明確に目的に決まっていることで、自分に合ったスクールが見えてくるはずです。

プログラミングスクールに行く理由は、次のどれに当てはまりますか?

  • エンジニア転職して企業で働く
  • スクール卒業後すぐにフリーランスを目指す
  • 今の仕事に生かせるようにしたい

エンジニア転職を目指している方は、転職サポートがあるスクールを選びましょう。転職サポートでは、履歴書・職務経歴書や模擬面接、企業紹介、キャリアプランの相談などのサポートがあります。

スクール卒業後にフリーランスエンジニアとして活動したい方は、フリーランスとしての活動をサポートしてくれるスクールがオススメです。具体的には、フリーランス向けのコースで案件獲得のノウハウを学びましょう。

エンジニアになるつもりはないけど、教養として身につけたいという方は、転職サポートがないスクールで料金を抑えて受講することができます。後でエンジニア転職したいと考えても、エンジニアに強い転職エージェントを利用すれば、問題なく転職活動が行えます。

プログラミングスクールの種類について知っておく

カワウソくん
カワウソくん
プログラミングスクールといっても色んな種類スクールがあります。

スクールによって学習スタイルや学習内容も様々。自分にライフスタイルに合うのはどれか、学習はどう進めていくのか、自分の合ったスクールを選ぶためにも知っておく必要があります。

  • 有料スクールと無料スクール
  • 学習スタイルは、オンライン型かオフライン型
  • 短期集中か働きながら受講のどちらか
  • オンライン教材は、動画形式かテキスト形式

上記の内容について、向いている人の特徴や違いについて解説していきます。

有料と無料スクールがある

カワウソくん
カワウソくん
プログラミングスクールは、基本的には料金を払って受講することがほとんど。

中には、無料でプログラミング学習からエンジニア転職のサポートをしてくれるスクールがあります。魅力的に感じるかもしれませんが、無料スクールの受講はオススメできません。

「無料で学習も転職サポートもあるなら、そっちが良いじゃないの?」

無料で受講できるメリットもありますが、デメリットも存在しています。大きなデメリットとして「指定の企業に就職しなければならない」ということです。

他の企業に就職したり、特定の企業の内定を辞退したりすると違約金を払う必要があります。無料スクールを受講すると、自分の行きたい企業に行けず、就職・転職の幅が狭くなってしまいます。

もっと詳細を知りたい場合はこちらの記事を参考にしてください▼

無料プログラミングスクールの実態!!|利益はどこから来るのか? 本気でエンジニア転職したい方には無料のプログラミングスクールがオススメできません。無料プログラミングスクールでは、プログラミングを学べる...

学習スタイルはオンライン型かオフライン型

学習スタイルは、在宅で学習できるオンライン型通学して学習するオフライン型の2つがあります。

カワウソくん
カワウソくん
どちらの学習スタイルも「基本的に自習を行い分からないところがあれば質問する」といった学習方法が多いです。

オンラインであれば、通う時間を減らしてプログラミング学習が行えるというメリットがあります。反対に在宅で学習するため、サボることできるという点がデメリットといえます。

自己管理が苦手な方には、学習しやすい環境が整っているオフライン型(通学)が良いでしょう。

ただオフラインができるスクールは、教室の維持費などで少し受講料金が高いのでご注意を。

受講対象がスクールによって違う

カワウソくん
カワウソくん
プログラミングスクールでは、受講する対象の方に合わせてカリキュラムが違ってきます。

1日を全てプログラミング学習に費やせる方は、短期集中で学習を行うカリキュラムが作られています。週50〜60時間ほどの学習時間で、プログラミング学習を最短で終わらせていきます。

働きながらエンジニアを目指せるスクールもあり、学習期間は長くなりますが仕事をしながらプログラミング学習ができます。

その他にも「スクール卒業後フリーランスを目指す」「プログラミングを教養として学ぶ」という方向けのスクールもあります。自分に目的とライフスタイルに合ったスクールを受講しましょう。

オンライン教材は動画形式かテキスト形式

カワウソくん
カワウソくん
スクールで使われるオンライン教材は、スクールごとに学習内容が違っています。

「主はテキスト形式で、難しいところ動画による説明」「ほとんどが動画による説明」のどちらかでオンライン教材は作られています。テキスト形式のみのオンライン教材もありますが、操作方法が理解しにくいのでオススメできません。

プログラミングスクールの多くは、テキスト形式になります。テキスト形式は自分のペースで読み進めることができ、分からないところはすぐに戻って読み直せるというメリットがあります。

動画形式の場合は、手軽に学習しやすいという特徴があります。動画はスマホで見れるので、通勤時間や仕事の休憩時間を利用して学習を進めることもできますよ。

短期集中で学習をしたい方は「テキスト形式」、働きながら学習したい方は「動画形式」のオンライン教材を選ぶと良いですよ。

プログラミングスクール選びで抑えておきたい5つのポイント

受講する上でスクールを選ぶ重要なポイントを知っておかないと、後悔する可能性は高いです。

事前に正しい選び方を理解した上で、スクールの受講を決めましょう。

  • 受講料金の相場で知っておく
  • 同じ学習期間でも勉強時間が違う
  • オリジナルのポートフォリオ制作があるスクールを選ぶ
  • 講師が現役エンジニアのスクールを選ぶ
  • 卒業後にもカリキュラムが見れるか

スクール選びで重要なポイントは上記の通りです。

それでは、詳しく見ていきましょう。

受講料金の相場で知っておく

カワウソくん
カワウソくん
プログラミングスクールの料金は、3ヶ月ほどの受講であれば、300,000円ほどが相場になります。

学習量やサポートによって値段が変わってくるので、10〜100万と幅が広くなってきます。

値段が安いとサポートが手薄だったり、転職できる学習量でないという問題もあります。

反対に高いから良いという訳でもないので、20〜50万の受講料を目安にスクールを選びましょう。

同じ学習期間でも勉強時間が違う

3ヶ月の学習期間のスクールが多いですが、学習量は大きく変わってきます。

学習量が多いほど、転職活動において他の受講生と差をつけやすいです。

  • 短期集中:600時間(週50時間)
  • 働きながら:300時間(週25時間)

上記は、3ヶ月の学習期間を想定しているスクールの例になります。

200〜300時間程度の学習であっても、一般企業の転職を目指すことができます。そのため、300時間前後に学習時間を設定しているスクールは多いです。

600時間以上学習があれば、最初から優良企業を目指すこともでき転職の幅も広がります。200時間ほどの学習になると、優良企業ではほとんど採用されることはありません。

ただし、学習時間が多いほど料金が高い傾向にありますので注意が必要です。

  1. 200〜300時間のスクールを受講する
  2. 就職して実務経験を1〜2年積む
  3. 優良企業へ転職する

200〜300時間の学習量であっても、開発経験を積めば優良企業に転職できますよ。自分のキャリアプランに合わせて学習時間を決めるようにしてください。

オリジナルのポートフォリオ制作があるスクールを選ぶ

カワウソくん
カワウソくん
ポートフォリオとは「自分のスキルや実績を証明できる作品」のことを言います。

スクールで開発したものをポートフォリオとして提出することもできますが、同じようなポートフォリオを見せられても企業から印象は良くありません。

オリジナルのポートフォリオを提出することで、面接官に印象が残りやすくなります。

「なぜその開発を行なったの?」「開発でこだわったところありますか?」などの質問についても、答えやすくなります。

1人でオリジナルのポートフォリオ制作は大変なので、最後までアドバイスを貰えるスクールを選ぶようにしましょう。公式ページや無料カウンセリングで質問してサポートがあるか確認してください。

講師が現役エンジニアのスクールを選ぶ

プログラミングスクールの講師は、現役エンジニアが教えてくれるところを選びましょう。

スクールの中には、プログラミング学習を終えた大学生やエンジニア就職していない方が、教えているスクールもあります。経験が少ないためにエラーの対処が遅かったり、エンジニアとして相談もできなかったりという問題が出てきます。

卒業後にもオンライン教材が見れるか

企業から内定が出て就職・転職が決まると、オンライン教材が見れなくなるスクールがあります。

エンジニア転職した後でも、スクールのオンライン教材は復習や開発などで見返すことが多いのです。そのため、卒業後でもオンライン教材が見れるスクールの方が良いと言えます。

公式ページに記載されていない場合があるので、受講をする前にしっかり確認してください。

判断材料にしてはいけない情報

記事の前半でプログラミングの種類や選び方を紹介しましたが、反対に判断材料にしてはいけない情報があります。

転職成功率と業界割合は条件内の数字でしかない

カワウソくん
カワウソくん
スクールの公式情報では、「転職成功率99%」「卒業生の業界割合」を記載されていますが、この情報で判断してはいけません。

理由としては受講生全てを対象としておらず、条件に当てはまる受講生の割合になっているためです。中にはしっかり割合を出しているスクールもありますが、調べるのは時間がかかってしまいます。

全額返金保証はほとんどの人が対象外

スクールの転職サポートでは、「転職できなければ全額返金する」といった転職サポートがあります。しかし全額返金保証は条件に当てはまる人だけが対象になります。

カワウソくん
カワウソくん
全額返金保証の対象として、次のような条件があります。
  • 転職先の指定をしない(東京や大阪などの都市に行ける)
  • スクールから紹介された企業を全て応募する
  • 内定が出たら断らない
  • しっかり転職活動して、転職意思がある人

スクールによって条件は変わってきますが、基本的には受けることができないと考えておきましょう。全額返金があるスクールを選んでも問題ありませんが、全額返金保証を理由に受講を決めないでください。

受講を決定する前にやっておくこと

プログラミングスクールを受講する前にやっておくべきことが次の2点です。

  • 複数のスクールの無料カウンセリングに行く
  • オンライン教材でプログラミング学習をしておく

上記な内容について詳しくも見ていきましょう。

無料カウンセリングで情報を集める

カワウソくん
カワウソくん
自分に合うスクールが分かってきたら、無料カウンセリングで話を聞きにいきましょう。

スクールの話やエンジニアとして働き方、自分の目的にあった学習プランなどを知ることができます。

また複数のスクールで無料カウンセリングを受ければ、スクール情報も比較しやすくなります。話を聞きに行く際は、同じ質問をして比較できやすい情報を集めていきましょう。

  • 講師は現役エンジニアか
  • オリジナルのポートフォリオ制作はカリキュラムに含まれているか
  • 卒業後にオンライン教材は見れるか
  • 学習時間や料金はどれくらいかかるか
  • 学習はどう進めていくか
  • 転職サポートはどのようなことをしてくれるか

具体的には、上記のような質問をすれば比較しやすいと思います。

オンライン教材で事前学習をしておく

カワウソくん
カワウソくん
スクールを受講する前に、プログラミングが自分に合っているか確認しておきましょう。

そもそもプログラミング学習が合わないと、エンジニアに向いていない可能性が高いです。

スクールでプログラミング学習して、「やっぱりエンジニア向いてない」となるとお金も時間も無駄になってしまいます。そうならないためにも、オンライン教材で事前学習する必要があります。

オンライン教材の学習は、プロゲートドットインストールのようなサービスがおすすめです。

まとめ

プログラミングスクールの受講を決める前に、スクールの種類と選び方を知っておく必要があります。自分に合わないスクールを受講すると、時間やお金が無駄になってしまうので注意が必要です。

検索しても出てこない情報も多くあるので、ある程度調べたら無料カウンセリングに受けて比較できる情報を集めましょう。